業務用金庫と家庭用金庫の違い

総合修理受付0120-931-239

24時間受付をしています

金庫の種類

業務用金庫と家庭用金庫の違い

家庭で使用する金庫が家庭用金庫。お店や会社で使われている金庫が業務用金庫だと思っている方も多いかもしれません。ですが、実際にはそうではありません。家庭用金庫と業務用金庫ではダイヤルの構造からして異なってくるからです。ほとんどの家庭用金庫は、ダイヤルの番号を変更できない仕様となっています。しかし、業務用の金庫は、ダイヤルの番号を変更することができる仕様となっています。そして、外見上の違いもあります。業務用金庫は、高さが50cm以上あります。または、横幅より高さのほうが大きくなっています。そしてレバーハンドルが取付けられています。家庭用金庫には、レバーハンドルは取付られていません。また、業務用金庫のダイヤルは、ダイヤル番号が合っていなくてもシリンダーキーが360度回すことができます。それに対して家庭用金庫はダイヤルが合わないとキーシリンダーが回らない方式になっています。業務用金庫は、シリンダーとダイヤルがそれぞれ独立した構造となっています。ホームセンターで購入できるような家庭用の金庫は量産品として販売されていますが、店舗によって取扱う商品も業務店を意識して店舗販売していることあります。また、家庭用と業務用の中間的な構造の金庫も置いているものもあります。理由としては、家庭用として使用したいけどダイヤル番号を変更できるものを購入したいと考えている方もいらっしゃるからです。ホームセンターにもよりますがそう言ったタイプのものも目にすることができるようでしょう。また、業務用・家庭用という区分の他に耐火金庫や防盗金庫といった付加価値のある種類の金庫もあります。耐火金庫は、どのくらいの火事に耐えられるかきっちりテストしているので耐火時間が明記されているので万が一火事が起きても重要な書類などを守ってくれる耐火時間が長い金庫を選ぶといいでしょう。ただし、年数が経つと中の耐火材が劣化してくるので常に能力を発揮させるためには数年に1回は買い替える必要があります。

西東京(多摩地区)対応可能地域

横浜市 新宿区 豊島区 渋谷区