シリンダー錠

総合修理受付0120-931-239

24時間受付をしています

シリンダー錠の仕組み

シリンダー錠とは、円筒内に設けたピンの下端を鍵でそろえて開閉する仕組みの錠のこと

防犯設備で鍵を使用したロックシステムの中で固定された外筒と回転する内筒が二つの円筒(シリンダーという。)からなる錠のことをいいます。鍵をシリンダーの内筒の鍵穴に差し込んで回転させることで施解錠する仕組です。外筒は錠前のケースに完全に固定されています。内筒に鍵穴が装着されて外筒と内筒にまたがるようにスプリングのついたタンブラーが入っています。ロック状態のとき。または、鍵が違う場合にはタンブラーによって内筒は回転させることができない仕組みで正しい鍵を挿し込むと全部のタンブラーが障害にならない位置に移動し内筒を回転させることができるようになります。内筒が回転することで錠の内部のカムが回転しデッドボルトを移動させて鍵が開きます。

シリンダー錠の種類
ディスクシリンダー錠
ピンタンブラー錠
ディンプルシリンダー錠
マグネットタンブラーシリンダー錠
ロータリーディスクタンブラー錠

が代表的なシリンダー錠です。